基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通FB

元プロサーファーで、ヨガインストラクターでもある山崎真理子氏にインタビュー♪

 

こんにちは、まりちゃんにぱっ
今日はお忙しい中、インタビューを受けてくださりありがとうございます。
4月を迎え日本のプロサーキットも開幕しましたね。

サーフィンをスポーツ的観念から見れるようにと、前回インタビューのサーフトレーナーの佐藤先生にはプロサーファー向けの質問を多くしましたが、
今日は女性向けまたは一般初心者向けのアドバイスを中心にお願いしたく思います。
サーフィンは全てがコンテストではなく、まずは海に入ることが気持ちよく始まる人も多いと思うのでにこっ




Q.ではまずみんなにする質問です。
どこ生まれでどこ育ちですか?
いつから誰の影響で何歳からサーフィンを始めたかを教えてください。

『神奈川県川崎市生まれ、横浜市育ち。
サーフィンは高2くらいから、誰かの影響では無く、ファッションから興味を持ち、自分で始めました。

当時は”丘サーファー”という言葉が流行る時代で、サーファー風な格好が流行りましたが、自分は格好だけではなく、サーフィンもした方が格好よいと思い始めましたにぱっ
      





Q.まりちゃんはサーフィンを始めてどの位でプロサーファーになったの?
スポーツインストラクターはサーフィンをする前から資格を持っていましたか?
それから結婚のち妊娠をされ、サーフィンの復活にはどの位の時間がかかりましたか?
それには何が1番辛いと感じましたか?

『25歳でプロになりました。

私は高校3年生の時にフィットネスインストラクターを目指し、高校とインストラクターの養成学校の2つを同時に通っていました。
インストラクターの資格は卒業時に取得しましたが、サーフィンは一時中断インストラクター業に集中しました!



妊娠後のサーフィン復活は6ヵ月後から。

私は出産退院1ヵ月後から、サーフィンのために朝起きたらヨガを毎日行っていました。
産後初のサーフィンには、不安もありましたが、1本目のテイクオフはスタンスが合わないがワイプアウトをすることは無く、スムーズな動きが出来なかったまで。

2本目ではアップスが出来たので、体力的に辛いことはありませんでした。
辛いのはサーフィンが出来ないストレスでしたね汗

運動効果を得るには幾つかの法則があり、徐々に変化を加えることにより効果を得るので、産後初に向けてのヨガによる準備と膝腰サイズから始めました。

サーフィンを復活する準備が必要だと思います。
自分が出来る範囲で、サーフィンができる姿勢を作りましたにぱっ


   


Q.初心者サーファーや普段運動がない生活の方が、週末のみサーフィンをする場合には、まりちゃんの復活程ではないが、筋肉の弱い状態で体を動かすことになりますよね。
スポーツ選手の様なサーフィンは望まないものの、やはり運動ですから無理な行動は避けるべき。
サーフィンに必要と思われる、普段から気にかけるべき生活ポイント、また怪我を避ける程度に前日に行う運動(ストレッチ等)を教えて頂けますか?

『サーフィンは全身を使うスポーツなので、サーフィンへ行く日に備えた準備を・・・

おっと、この続きを読みたいコアなサーファーは、ケータイ公式サイト「波通」からチェックしてねオッケー







左記のQRコードからページへGOダッシュ


ケータイ検索キーワードの場合は波通と入れてくださいパンチ


メニューリストから検索したい方は下
【i-mode】
メニューリスト 右 スポーツ 右 マリン/スノー 右 波通

【EZ web】
カテゴリ(メニューリスト) 右 スポーツ・レジャー 右 マリン/スノー 右 波通

【Yahooケータイ】
メニューリスト 右 スポーツ 右 マリン・スノボ・スキー 右 波通








PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.456504秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo